FC2ブログ
時代と流行色
ファッション界では、流行色の未来を予測することに大きな努力を払っています。人々の色彩への好みは年によって変わるので、的確に予測しないと商品の売れ行きに影響するからです。

日本ファッション協会では毎年2年後の流行カラーを調査してトレンド情報として発表していますが、そこでは国際的なトレンド、即ち国際流行色を参考にするそうです。情報の伝達が早いこの頃では、色彩情報もグローバルな流行に注目しなければ遅れを取ってしまうからです。

しかし、衣裳の色彩は、それを着て歩く町の色彩や着て集う部屋の色彩にも影響されます。そして町や部屋は国々の気候風土によって違いますし、国民性の違いによっても変わります。流行が迅速に伝播しても世界が一律に同じ流行に倣うというわけでもないのです。

国別にあるいは地域別に流行色に違いがあることは旅行すると容易に分かりますが、流行と認識されない流行色もあります。それは同じ国、同じ地域で長年続く時代の流行色です。

ファッション界が追求している二、三年で変わる流行色ならその変化に直ぐに気付きますが、数十年あるいはそれ以上の長期に亘る時代の流行の場合は、その中に生きている人々にとってはその色彩は当然のものとして受け入れられるので流行と認識されません。

しかし、後世からその時代を眺めると時代の流行色は歴然と分かります。司馬遼太郎とドナルド・キーンは、対談集「日本人と日本文化」の中で「金の世界、銀の世界」という話題を論じています。

室町時代に足利義満は金閣寺を建て、その孫の義政は銀閣寺を建てましたが、そのことに触れて、キーン氏は次のように時代の色を指摘しています。

「義政は自分の時代は金の時代でなくて銀の時代である、と。しかし、ここで私は考えるのですが、日本人の趣味からいうと、どうも金よりも銀のほうが合っているような気がする。金のような温かい黄色い色よりも、銀のような淋しい色のほうが日本的じゃないかと思います」

時代が下って豊臣秀吉は、再び絢爛豪華な金色の時代を創るのですが、室町末期には銀色の時代があったのです。勿論、当時の流行色は、武士、貴族、画人、茶人、歌人などの上流階級の人々の趣味趣向であって、一般庶民は今日のように流行色を楽しんではいませんが。

現代は色彩の種類は豊富であり、その取り合わせは無数にあり、色彩の流行を追う人々は広く一般大衆です。それだけに目先の流行に囚われることなく、時代と流行色の基本関係を見定めないと、流行色の予測を間違えることになります。
(以上)
スポンサーサイト



【2010/02/27 10:14】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<美が本当に分かると言う意味 | ホーム | 梅は数輪でもよし群生でもよし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/347-f03e2859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |