FC2ブログ
韓国の陶磁器
   焼き物-07D 0908q
                   李朝青磁-05D 0908qt
                                     焼き物-06D 0908q

日本に広く知られている韓国の陶磁器には、高麗青磁と李朝白磁があります。その名の通り、高麗青磁とは高麗時代の薄緑色の陶器であり、李朝白磁とは李朝時代の白色の磁器です。

陶磁器はチャイナと言われる位ですから、その本場は中国です。従って洋の東西を問わず、各国に伝わる陶磁器の製法は、多かれ少なかれ中国から伝わったとものと言えましょう。

当然、韓国の陶磁器は隣国中国から強い影響を受けましたが、高麗時代に韓国の陶磁器は独自の発展を遂げます。高麗青磁は宝石の翡翠(ひすい)に似た淡い薄緑色をしています。中国人は翡翠を玉(ぎょく)として愛好しましたから、高麗の青磁は中国でも大いに愛好され逆輸入されました。

中国の陶磁器は唐三彩のように色彩は豊かであり、形態も大きくて力強いものが多いですが、韓国の高麗青磁は、色は翡色一色であり、形態は流麗であり、陶象嵌で描かれる絵柄は繊細です。高麗青磁は日本人の美感に強く訴えるものがあり、日本にも数多く輸入されました。

李朝時代に入りますと、高麗青磁より高温で焼く李朝白磁が生まれます。磁器は陶器より硬いので制作は難しくなりますが、薄く繊細に仕上げることが可能になります。また白磁の色彩も翡色一色から微妙に変化する白色に変わりました。日本の民芸運動家の柳宗悦は、その李朝白磁が持つ親しさと暖かさを讃えて、その美を日本人に教えた人として有名です。

三十数年前、私はソウルに滞在していましたが、そのとき高麗青磁と李朝白磁の再現を試みている陶芸家を何度かその登り窯に訪ねたことがあります。高麗青磁は柳海剛氏、李朝白磁は安東吾氏の窯でした。

二人の陶芸家たちは、夫々高麗時代、李朝時代の陶磁器を再現することに心血を注いでいましたが、同時に同じ素材でより現代的なデザインや絵柄の作品もつくっていました。

そのとき購入した高麗青磁と李朝白磁を写真でご覧に入れます。高価なものは買えませんでしたが、それでも手許で楽しむには十分な作品です。
(以上)
スポンサーサイト



【2009/08/30 09:11】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<見直される和紙 | ホーム | 現代の地上絵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/303-11bfa1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |