FC2ブログ
窓のリズム
コペンハーゲン-12Pq
       コペンハーゲンにて

                    ホテルの窓-01Pq
                    東京 新宿にて

窓から外を見るのも楽しいですが、外からビルの窓を眺めるのは、もっと楽しいと思いませんか? 窓を見るのが楽しいのは、そこにリズムがあるからだと思います。

J.デュウイーは、その著書「経験としての芸術」で次のように云っています。
「芸術的形式を可能ならしめる外界の第一の特徴は律動である。詩や絵画や建築や音楽が存在する前から、自然には律動があった。・・・大いなる自然の律動は人間の基本的生存の條件とも繋がっている」

絵画の世界ではリズムは極めて大事な要素です。形のリズム、色彩のリズム、構成のリズムが、ある時は整然と、ある時は破調して一つの絵に描き込まれます。抽象画では直接リズムが表現されるので分かり易いです。カンディンスキーやクレーの絵は音楽的です。

このことは写真とて同じです。撮影するときは、とっさに撮るのでリズムなど考えていないかも知れませんが、撮影した写真を選ぶとき、画面にあるリズムを見いだしています。

例示した窓の写真は、撮影のときリズムを意識して撮りました。窓のリズムが面白い、楽しいと思って撮りました。サティの音楽が聞こえてきませんか?
(以上)


お気に召したら 人気blogランキングへ





スポンサーサイト



【2006/06/27 16:49】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<反復するリズム | ホーム | 写真は内的風景である >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/30-e9b117f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |