FC2ブログ
歴史的建造物の保存 その考方
郵政民営化の政治論争のなかで東京駅丸の内にある東京中央郵便局の建物が俄に脚光を浴びていますが、東京中央郵便局の建物を歴史的建築物として保存すべきか否かの議論は実はとうの昔に終わっていました。

いま改めて東京中央郵便局の庁舎を重要視するなら、明治以降、東京に建てられた西欧的ビルで価値ある建物が、既に数々壊されて新しいビルに生まれ変わっていったとき、何故大きな声を上げなかったのでしょうか、理解に苦しみます。

古いビルが壊されるのは、一つには耐震力を増強するため、もう一つは都市空間の有効利用を図るためです。その過程で歴史的建造物を保存するには、現状の姿を残しながら耐震力をつけるべく再構築するか、それとも都市空間の活用には別に代替地を確保して既存の歴史的建造物はそのままとすることです。

歴史的建造物の外観を元の状態で再構築する努力はヨーロッパの大都市でよく見掛けます。第二次世界大戦で破壊されたヨーロパ都市の幾つかは、莫大な費用を掛けて元の姿に復元されています。それだけでなく、西欧ではIT化するため古いビルを改造するとき、外観は元の姿に戻すことを厭いません。

ヨーロパは石の文明と云われます。石の構築物は、ローマ時代の建造物が今も実用に供されているように、1000年単位で存続し得るものです。日本のように木の文明では建造物は100年単位で考えるの精一杯です。歴史的建造物の保存に関する感覚や意識については、西欧と日本との間にかなりの差があります。

その差を象徴的に示す例が、伊勢神宮の遷宮(せんぐう)儀式です。内宮、外宮の社殿を20年毎に建替えると言うのは世界でも珍しい建造物観です。

現存する世界最古の木造建築物、法隆寺は西暦607年に建立されたと言われます。伊勢神宮の第一回遷宮は690年だそうです。だとすると20年毎に建替える発想は、木造建築の持続性に問題があったからではないことが分かります。恐らく刷新による神聖の維持、建築技術の保存など別の理由によるものです。

数年前、鈴木博之教授の講演「失われた東京の建築」を聞いて、建築の生命は鉄筋40年、木造20年が平均だと知りました。先生は、日本で建築の生命が意外に短いのは、木造火災、地震対策、相続税などの制度上などの理由によると述べられた後、伊勢神宮の20年遷宮を例に上げて、お成り御殿のような新しいものに価値を置く日本人の気質もあると、付け加えました。

ところで同じ石の文明といいましても、昔からの石積建築と近代のコンクリート建築では、根本的に異なるところがあります。物理的に石積建築はコンクリート建築より堅牢です。何故なら鉄もセメントも老化するからです。鉄筋コンクリートの建造物は、やはり意外と寿命が短いのでしょう。

歴史的建造物の保存については、一つは歴史的背景から価値あるものか、もう一つには都市の美的観点から価値あるものか、で論ずべきです。只古いものを残そうと云う主張に耳を傾けてばかりいては、都市は建物の墓場になるだけです。
(以上)
スポンサーサイト



【2009/03/26 22:32】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<活花の日本風と西洋風 | ホーム | 都市空間の鳥瞰論>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/263-def2e174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |