FC2ブログ
瓦屋根の積雪は美しい
     1.増上寺-27D 0802q
     写真1
                                   2.古川-12D 0702qr
                                   写真2
     3.屋根-05P 01r
     写真3
                                   4.屋根-15P 01q
                                   写真4

黒い瓦屋根の上に積もった雪の景色は何故か人の心を惹き付けるものがあります。それも瓦屋根が完全に雪で覆われずに瓦の一部が露出しており、更には雪が溶け始めた光景は、辺りにオーラを放っているようです。

人の目を惹け付ける最大の原因は白黒のコントラスト故の美しさにあります。瓦屋根の整然とした凹凸の間に雪が規則的に並ぶ模様は、自然界にはない人工の美です。そして、そのコントラストが一定のリズムを持っていることが美しさの原因です。

ジョン・.デュウイーは著書「経験としての芸術」の中で、混乱は見る者にとって不快であり、秩序は美感を与えると論じています。そして秩序が美感を与えるのは、秩序に律動(リズム)があるからだと云います。瓦屋根は雪と組合わされて白黒の律動を奏でます。(写真1、2)

更に、太陽の熱で溶け始めた雪が、瓦屋根の斜面を滑り落ちる不規則な状態を見ていると、何故か感情を揺さぶられる思いがします。(写真3)

デュウイーは無聊もまた不快であると云います。秩序正しいだけでは厭きるので、やがて不快と感じるようになると云うのです。秩序を形成する律動は、時として変差(ヴァリエーション)を伴い、この変差が不快な無聊を解消すると云うのです。

太陽で温められた雪が瓦屋根を滑り落ちるとき、秩序を壊します。しかし、滑落する雪は屋根瓦の秩序の基本までは壊しません。その結果生まれた光景は混乱とはならず、力感が生まれます。(写真4)

秩序が維持されている限り、変差は大きければ大きいほど「力強く」表現されます。秩序の機械的反復に変化を与える変差は、美的秩序に不可欠であると、デュウイーは述べています。

私達の身の回りには、探せば幾らでも美は散らばっているものだと思いました。
(以上)
スポンサーサイト



【2009/01/30 09:26】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風神雷神絵にみる写真の視角 | ホーム | 写真展「イマジネーション 視覚と知覚を超える旅」を見て>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/238-798e0899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |