FC2ブログ
写真とヴァーチャル・リアリティ
落書き-04P 04q


ヴァーチャル・リアリティは「仮想現実」「人工現実感」「疑似体験」などと訳されていますが、英語本来の意味は「表面上は違うが実質的には現実そのものであること」なのだそうです。

上述の日本語訳には「本物でない偽りの」という意味が込められていますので逆の意味に解されてしまい、甚だ不適切な訳語です。

「限りなく現実に近い現実」「限りなく現実に近い現実感」「限りなく現実に近い体験」と訳せばかなり正しい翻訳になります。

ヴァーチャル・リアリティと言う言葉はコンピュータの世界で発達したものです。実質的な現実は全てコンピュータ内にあり、その現実を人間が知覚するとき「仮想」となり、「現実感」となり、「疑似」となると理解するのです。

この比喩を写真の世界に当てはめてみましょう。写真の被写体は実質的な現実であり、写された写真は「限りなく現実に近い現実」となります。たとえ現実を見ていない人でも、写真を見ることによって現実感を味わい、疑似体験することができます。

コンピュータでは良く仮想マシーン、仮想メモリーなどと言いますが、これはコンピュータ内のマシーン(CPU)やメモリーを分割して二台のコンピュータ、二つのメモリーが存在するかのようにしてコンピュータを使う方法です。

写真は撮影されたとき実質的現実から切り離され、独立して知覚される物体となります。現実は目の前に厳然と存在していますが、写真の中にも現実と同じ姿の現実が存在します。

コンピュータが生まれる前から写真はヴァーチャル・リアリティを利用していたのです。いな、写真は、生まれたときからヴァーチャル・リアリティを創造して観賞するものでした。

しかし、コンピュータの世界でもヴァーチャル・リアリティはリアリティに取って代われないように、写真は実質的な現実にはなり得ないのです。写真は真実を写さないとは良く言ったものです。

コンクリート壁に描かれた落書きは、ヴァーチャル・リアリティではありますが、リアリティではありません。コンクリート壁を突き抜けて向こう側には行けませんから。
(以上)
スポンサーサイト



【2008/07/26 10:45】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デジカメは選択眼を退化させる | ホーム | 現代に残る江戸の匂い 木村恵一写真展より>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/171-7f9fb15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |