FC2ブログ
バウハウス・デッサウ展を見て
1.バウハウス・デッサウ展-01D 0806q


        2.バウハウス・デッサウ展-08D 0806q


                        3.バウハウス・デッサウ展-04D 0806q


                                   4.バウハウス・デッサウ展-05D 0806q


いま、東京藝術大学大学美術館でバウハウス・デッサウ展が開かれています。(2008.4.26~7.21)

これまで私は、バウハウスとはモダニズム建築に大きな影響を与えた芸術運動と理解していましたが、この展覧会を見て、これは新しい芸術を創造する芸術運動という言うよりも、時代の要請を受けて、新しい芸術・技術の人材を養成する画期的にして希なる運動であったと認識するようになりました。

最初の設立地ヴァイマールを追われてデッサウに移転した事実は、そのことを象徴しているように思えます。当時のデッサウには、航空機という世界でも最先端産業が成長していました。航空機は自然の論理に逆らって巨大な重い物体を空中に飛ばす産業です。優れた技術とともに芸術的センスのある技術者が求められる産業だからです。

19世紀に生まれたイギリスの「アーツ・アンド・クラフト運動」やドイツの「ドイツ工作連盟」について、人々は芸術面に着目して論じますが、産業革命が先ずイギリスで起こり、ドイツがその後を追った産業史の進展の観点から眺めると、モダニズム芸術の流れも違った角度から理解できます。

ですから、バウハウスの基本理念は芸術の為の芸術でなく、未来の人間社会の生活に相応しい造形を産み出すことである、とのグロビウスの主張は核心を得ていると思います。そして、造形の対象を、身の回りの家具調度品に始まって家屋、ビル、更には都市形態にまで広げたことは、その主張を余すところなく説明しています。

次に、バウハウスが技術と芸術の融合をはかる「教育活動」に力を入れた先見性には感嘆します。これから始まる産業発展と人間生活の将来を描くのは、一芸術家のよくする所ではありません。この困難で壮大な課題に挑むのに、多くの若い世代を育てて、その解決を彼らに託そうとしたのです。

不幸にして当時の政治的事情でバウハウスの活動は短期に終わりましたが、バウハウスの有力な指導者やそこで成長した人材が広く世界に分散して、バウハウスの哲学と実践を伝えました。考え方によれば、バウハウスの短命だったことは、逆に世界への普及拡散の促進に役立ったとも言えます。

ドイツの伝統的手工業の職人気質を大切にしながら、カンディンスキー、クレー、モホイ=ナジなど当時の新進気鋭の芸術家が指導する芸術・技術集団が生まれたことは、いま考えると夢のような出来事です。このように歴史は時々奇跡を起こし、次の道を示すのです。

蛇足になりますが、写真家でもあるモホイ=ナジが、このバウハウスの一員として輝かしい業績を残したことを知り、写真を趣味とする私にとっても嬉しい事でした。モホイ=ナジは造形の世界で人間を統一的に把握するのに光の効果を用いることの大切さにいち早く気付き、写真メディアを用いた人です。

写真が事実の記録、記憶の保存、美感の伝達などに果たしている役割は、人々が想像している以上に大きいものです。バウハウスの活動がもう少し長続きし、モホイ=ナジがその中で活躍できたら、彼はどんな作品を残したかと考えながら展覧会場を去りました。
(以上)
スポンサーサイト



【2008/06/26 22:18】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<昼と夜の風景 | ホーム | 広告は暗喩的に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/159-8e4d19fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |