FC2ブログ
落花の美
1.桜-13Pq
写真1

               2.ボートと桜-26P 86qt
               写真2

                         3.烏山寺町:宗福寺-09D 0805qtc
                         写真3

                                   4.落花-02D 0805qtc
                                   写真4

花は咲いている時が一番美しいです。散った花を惜しいとは云いますが、美しいと愛でる人は少ないでしょう。

桜の花は散り際が美しいですが、地面に散った花びらは無惨とは云いますが、美しいとは云いません。しかし、散った花びらで桜が更に美しくなる場合もあります。

散った花びらが花道を作ると、もう一度桜の中に入りたくなります。(写真1)
散った花びらが水面を覆うと、その中に分け入りたくなります。(写真2)

椿の花びらは根元から落ちるので、昔の武士社会では首が落ちると云って嫌いましたが、逆に形を崩しませんので観賞に堪えます。樹に咲いている時より、地面に落ちて樹の根本を囲っている落ち椿は見事です。

赤いつつじの花びらが緑のこけ庭に散った光景は、艶やかな着物の絵柄のようです。赤と緑は補色関係にあり、互いに相手の色を鮮やかに見せる効果があるので、一層引き立つのです。(写真3)

風嵐で葉とともに吹きちぎられた花びらは哀れです。まだまだ咲いていたかったのにと語っているようです。早過ぎた落花には、哀れの美しさがあります。(写真4)

花の季節の終わり頃には、樹の足許を見ると新しい美の発見があります。
(以上)
スポンサーサイト



【2008/06/08 16:36】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<文明論からみた写真機 ダゲールとグーテンベルグ | ホーム | 写真と浮世絵>>
コメント
初めまして
it's so beautiful.

私は日本人ですがこれらの写真をみてなんだかbeautifulが一番合ってるような気がしました。
なんとなく。
【2008/06/11 16:28】 URL | 椿 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/149-e5647aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |