FC2ブログ
写真と浮世絵
1.オーケストラの楽士たち ドガtcq
写真1
2.叫び エドワルド・ムンクq
写真2
               3.冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏 葛飾北斎q
               写真3
                     4.四谷内藤新宿 歌川広重q
                     写真4
                                   5.名所江戸百景 亀戸梅屋舗敷 歌川広重q
                                   写真5
                                   6.名所江戸百景 大はしあたけの夕立 歌川広重q
                                   写真6

19世紀の写真の出現は、西洋絵画に大きな影響を与えましたが、同じく浮世絵の日本からの伝達も19世紀の西洋絵画に大きな影響を与えました。

写真の出現と浮世絵の伝達はほぼ同じ時期に発生しましたが、西洋絵画に与えた夫々の影響についての共通点や相違点を探ってみるのも面白いことです。

写真機は立体(三次元)を平面(二次元)に置換える道具ですが、絵画も本質的に三次元を二次元に変える作業です。絵画には絵の具の凹凸、筆のタッチなどの表現があると言っても、彫刻ほどの違いを主張出来ません。他方、写真は二次元化の中で遠近法や陰影を用いて立体感を表現しますから、絵画と同じ効果を上げる事が出来ます。

こうして、写真は景色や人物の映像をあるがままに再現するという点で、写実を目的とした絵画を圧倒しました。映像の再現性という点では、絵画は写真に敵わないことは歴然としました。

それでも、写真が出現した当初、画家は写真を見て学んだ形跡があります。印象派の絵画を展示するオルセー美術館の作品は、大部分がカイユボットの収集品と言われますが、カイユボットは印象派の画家達の擁護者であると同時に彼自身も画家でした。

そのカイユボットが描いた「床を削る人々」は画面の広さが目立つ絵です。その広さは人間が一瞥して得る視野を遙かに超える広さです。カイユボットの視野は広角レンズの写真からヒントを得たものと言われます。

当時のカメラのレンズの多くは広角だったので、この頃の印象派の画家たちの絵には広角レンズの眼で絵の構図を着想したものが現れます。例えば、ドガの「踊り子」は俯瞰した構図の斬新さで評判の絵ですが、この絵の強調された遠近感は明らかに広角レンズのカメラアングルを連想させます。同じくドガの「オーケストラの楽士たち」も明らかに広角レンズの目です。(写真1)

推測だけで写真の影響だと決めつけるわけではありません。当時、パリの街々を撮影していた写真家アジェのアパートのドアには「芸術家のため資料」を売りますという看板が掲げられ、写真の購入者には多くの印象派の画家達がいたそうです。

絵画が写真の長所を取り入れることは良いことですが、それだけでは絵画は限界に達します。写実主義の絵画は写真にその席を譲って、新しい絵画はやがて物質の写実から精神の描写へと発展していきます。ムンクの「叫び」(写真2)は心の叫びを描写した好例です。後期印象派からフォーヴィスム、表現主義、キュビスムへの発展は写実主義からの決別の動きでした。

浮世絵は、江戸末期に町民の間で人気のあった絵画です。浮世絵は日本画の伝統を受継いだ絵ですから、西洋画のように陰影で立体感を表現することは少なく、線描で平面的に描き、余白は意味あるものとして残します。

平面的という意味で浮世絵は写真的ですが、もともと浮世絵は写真の写実性とは対極にある絵でした。葛飾北斎、歌川広重の風景画も、また喜多川歌麿、東洲斎写楽の人物画も、現実を忠実に描こうという意図はありません。その共通の特色は写実性とはほど遠い象徴性にあります。

浮世絵の象徴性は、西洋画が求めた理念とか思想という類の象徴性ではなく、大胆な遠近法を用いたり、繊細な部分を拡大したりして、見る人の関心を其処に惹き付ける手法でした。

葛飾北斎の富嶽三十六景の中の「神奈川沖浪裏」(写真3)では大波の合間に富士山を小さく見せて大波に翻弄される小舟の危うさを描いています。歌川広重の名所江戸百景の中の「四ッ谷内藤新宿」(写真4)では旅に出る馬の股ぐらから宿場町の風景を覗いて見せています。また同じ広重の「亀戸梅屋舗」(写真5)では梅の太い根幹を前面に押出して梅園や花そのものはを小さく描いています。

これらの絵では、浮世絵師たちは現実の風景を写生するわけではなく、己が心に描く心象を絵の形で表現ています。その意味で彼らは写実を求めた写真の世界とは無縁の人達でした。

しかし、彼らが用いた技法は写真の技法と酷似しています。「神奈川沖浪裏」「四谷内藤新宿」「亀戸梅屋舗」に用いられた極端な遠近法はカメラの広角レンズを思わせます。しかし、当時の浮世絵師たちはオランダ経由で持ち込まれた西洋画で遠近法を学んでいたかも知れませんが、未だカメラの存在は知りませんでした。

また、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」では襲いかかる大波の波頭は、大波と相似形の夥しい小波で構成されています。この描写は、カメラを知らない北斎がマクロレンズの眼で観察していることを示しています。

更に、歌川広重の名所江戸百景の中の「大はしあたけの夕立」(写真6)では、雨脚が線で描かれています。これは正にカメラのレンズが捉えた雨の姿です。これを見たヨーロッパ画家は、雨はこのように線で描くのかと驚いたそうです。

19世紀の西洋の画家達は、写真の出現で圧倒され、浮世絵の伝達で驚愕しました。この二つの現象が、20世紀西洋絵画の発展に大きく寄与したことは紛れもないことです。特に浮世絵は、その構図と色彩と手法のいずれの点でも、今までに見たことのないものだったのです。
(以上)
スポンサーサイト



【2008/05/31 13:28】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<落花の美 | ホーム | 写真家の活躍のピーク 森山大道展を見て>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/148-03802cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |