FC2ブログ
写真の詩人 ジャコメッリ
いま、東京都写真美術館で写真展「知られざる鬼才 マリオ・ジャコメッリ」が開かれています。(2008.3.15~5.6)

マリオ・ジャコメッリは、生まれ故郷のイタリア北部の街、セニガリアで殆どの作品を撮り続けたアマチュア写真家です。今まで日本では余り知られていませんでしたが、欧米では戦後の写真界を代表する写真家の一人として既に高い評価を受けているとのことです。

今回の写真展は、ジャコメッリの代表作品群をシリーズ毎に纏めて展示した日本最初の写真展です。そしてジャコメッリの写真が欧米で高い評価を得ている理由を存分に分からせる写真展です。

ジャコメッリの写真の凄さは、ジャコメッリが詩人として感得した心象を、写真で造形して見せたところにあります。ジャコメッリにとって、写真は外界に存在するモノを撮影するものではなく、心の中に湧き出でるイメージを撮影するのものでした。

その具体的な例示を、彼の作品のシリーズ別に見て行きましょう。

第一は、遺作の「この想い出をきみに伝えん」(1998~2000)です。死を意識したジャコメッリは、廃屋や畑の中でカラス、犬などと共に写真に写っています。大きな黒い鳩の影を凝視するジャコメッリの眼には、自然と動物たちへの愛があります。写真の中のジャコメッリは来し方を回想します。回想する意識の流れを写真で捉えた作品です。

第二に、「雪の劇場」(1984~86)は、「イメージの内面への喚起力に対する実験的作品」と説明が付いています。6枚のモンタージュ写真は独立していて相互に関連はありませんが、夫々に厳しい雪の風景のイメージが写されています。中でも雪の中を数人の老婆が迫ってくる写真には鬼気迫るものがあります。不安と恐れとは、このように写すのだと言っているようです。

第三に、「自然について知っていること」(1954~2000)は農村の風景を鳥瞰した写真です。耕作された大地は、時には波打つように、またある時はしわ寄せるように、様々な表情を示しています。そこには秩序ある紋様と、攪乱された混沌が入り交じった自然の姿が展開します。大地は語っています、大地は嘆いています、大地の心はこのように写すのだと、ジャコメッリ言います。

第四に、「樹木の断面」(1967~68)では輪切りにされた大木の年輪が拡大して写されています。その年輪の紋様は、上述の大地の耕作された紋様に似た曲線で構成されています。人間の営みの結果としての大地の造形と、樹木の成長の結果としての造形が、同じ形に終わるのは不思議な現象です。遂には、年輪に目鼻まで付いて、老婆の顔に見えるに至って絶句します。老いたる樹木の心情は、ジャコメッリの眼にはこのように見えたのでしょう。

第五に、「スカンノ」(1957~59)は、イタリア北部のフブルッツオ山塊の中央に位置する、山間の古い町スカンノの村民たちの写真です。ここでは独特の黒衣を着る風習があります。ここでは白い壁の家々を背景に町を歩く黒衣の老人たちの表情や仕草が撮られています。もともと写真撮影はある時点の光景を凍結する行為ですから、ここでも時間が止められています。しかし、これらの写真を見ていると、止まった時間が見る人の意識の中で再び動き出すようです。

第六に、「死が訪れて君の眼に取って代わるだろう」(1954~83)は、死を迎える所、ホスピスで撮影した写真です。「老いとは時間」であり「生は死と共存」し「皺がその象徴」であると説明しています。ジャコメッリは、死には生の全てが凝縮していると見ています。生きてきた時間の全てが死に埋め込まれていると感じています。ホスピスの老人たちを撮影しながら、ジャコメッリは死を共感していたのでしょう。

最後に、このマリオ・ジャコメッリの写真展は、他の写真展にはない新鮮さと重量感があります。その理由は、この写真展が、数年または数十年に亘りジャコメッリが撮った写真を、それぞれのコンセプトに纏めて編集したからです。それにもう一つ、これらの写真が全てモノクロ写真であることです。

詩人としての感性で撮り続けた写真を、詩人の感性で編集したジャコメッリの写真は、絵画や動画の映像芸術とは違った、新しい写真表現の世界があることを示したものと思います。
(以上)
スポンサーサイト



【2008/03/26 18:16】 | 写真展 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<藁とトタンの屋根のデザイン | ホーム | 動きを捉える写真>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/137-3e6203ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |