FC2ブログ
メイプルソープと猥褻
先日(2月19日)最高裁判所が男性器の写真が収録されたメイプルソープの写真集は猥褻物とは言えないとの判決を下したと新聞は報じました。

ロバート・メイプルソープはアメリカの写真家で、花、静物、彫像、人体などをモノクロームで撮影し、被写体に潜む形の美しさを引出す名人でした。彼の写真が芸術的表現であることは争う余地はないのですが、作品の社会的影響という点が裁判の争点になったのです。

芸術作品が最高裁判所まで争われた有名なケースはチャタレイ裁判です。その時は、D.H.ローレンスの小説「チャタレイ夫人の恋人」を翻訳した作家伊藤整氏と出版社の小山社長に有罪判決が下されました。

この時は、特別弁護人を買って出た、評論家の福田恒存氏が完膚無きまでに検察側を論破しましたが、社会的影響への配慮が勝ち、有罪となりました。

芸術にはもともと毒が含まれています。毒のない芸実など芸術に値しないとまで言われます。その毒はしばしば社会の秩序と対立します。社会の秩序を維持するのが裁判官の仕事ですから、裁判官に芸術への理解を求めても無理なのです。そもそも芸術論は裁判に馴染まないのです。

チャタレイ裁判では有罪でしたが、メイプルソープ裁判は無罪でした。これは、チャタレイの芸術的価値は否定されたが、メイプルソープの芸術的価値が認められたということではありません。前者では社会的影響が大きかったが、後者では小さいと判断されたということです。

今回の裁判では、性表現に対する社会意識の変化を考慮したと新聞は伝えています。写真の芸術的価値とは拘わりなく、裁判官の判断基準は社会の状況に応じて変わるということです。それなら、社会的影響が大きい猥褻出版物が街に氾濫しているのを放置しておいて、なにゆえメイプルソープの写真集を裁判にかけるのか不思議な事件でした。

音楽家で脳生理に詳しい伊東乾氏は「エロサイトはヒトをサルにする」と言っています。淫らな刺激を過度に脳に加えると、脳は酸欠状態になり悟性的な判断を下せなくなるとのことです。これこそ社会にとって危険で有害な行為です。

裁判にかけるなら、表現の自由を口実として金儲けのために猥褻物を氾濫させている週刊誌やネットのサイトをどしどし取り締まったらよいのです。そうすれば裁判官は理解できない芸術論を論じなくても済んだでしょう。
(以上)
スポンサーサイト



【2008/02/24 12:34】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<枯木の造形美 | ホーム | 葉は花より美しい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/132-7839de79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |