FC2ブログ
稲田が作る風景
バンコク-06Ptc
(写真1)タイの水田農村風景
                              アユタヤ浮稲-07P 80c
                              (写真2)アユタヤの浮稲の田
五能線:車窓-01P 00c
(写真3)秋田の収穫時の稲田
                              水田-09P 99q
                              (写真4)福島の田植時の稲田

稲作は、弥生時代に日本列島に広がったと言われてきましたが、最近では、それより前の縄文末期には既に栽培されていた証拠が見つかっています。稲は古くから広く日本人の食料として重要な作物でした。江戸時代には米は貨幣の代わりをしました。米は食料としてだけでなく経済社会の基礎であった時期もありました。

稲は中国の長江下流から海を渡って日本に伝わったもので、稲はもともと温暖で湿潤な気候を好む植物です。日本では稲の品種改良が進んで、寒冷地の東北、北海道まで全国隅々で栽培されるようになりました。

日本は山地の多い地形ですから、傾斜地に田んぼを作ると、あぜ道は不規則な曲線を描きます。山間部や丘陵地帯に作られた田んぼは、巧まずして造形の美を生み出しています。それが稲の生育に応じて色々に表情を変えます。これは食文化が生んだ日本の風景美です。

食文化が生んだ風景美は、何も日本に限った現象ではありません。同じ稲作文化を持つモンスーン地帯のタイでも、田園風景は固有の美しさを持っています。

灌漑用水路に沿って樹木が植えられ、その中に農家があり、水路から長い田が直角に伸びています。タイでは浮稲(うきいね)と言って池のような深い田で栽培される米もあります。農民達は舟で稲穂だけをつみ取る稲刈りをします。これらは食文化が造り出した風物の美です(写真1、2)。

今、世界的に食料の自由貿易が進展しています。農業分野のグローバル化は、間違いなく世界の食料生産の効率を高めるのですが、同時にそれは食料輸入国の農村を疲弊させ農村風景を破壊します。安い食料を得るために、長年親しんできた農村風景が壊れていくのを人々は受け入れるでしょうか?

そうでなくとも、日本では戦後の食生活の変化と米価政策の失敗から、稲田が次第に消えつつあります。生産性の低い山間部の田んぼは既に牧草地になっています。

風土が民族の精神構造を決めるように、水田風景が日本人の精神文化を養ってきたことも事実です。ダムや護岸で国土を守る発想は満ちあふれていますが、農業の営みを維持することで水田風景を守る発想は生まれないのでしょうか?

私は水田風景が好きです。黄金色の穂を下げた田んぼが好きです。更に収穫時の稲田が好きです(写真3)。早苗が少しばかり水面に顔を出した田んぼも好きです。それも複雑な地形に作られた水田が好きです(写真4)。

水田風景への情緒的愛着の力が、瑞穂の国の伝統を残す力になることを願います。
(以上)
スポンサーサイト



【2007/11/26 11:57】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東松照明の写真 TOKYO 曼荼羅から | ホーム | オイルショックからバブルの時代の写真史>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/117-cc14c726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |