FC2ブログ
新旧の都市の風景
城壁からのドブロブニク-21D 0610qc
写真1 クロアチアの古都 ドブロクニク

                 大内の宿-14P 96c
                 写真2 会津の大内宿

                           パリ-85Ptc
                           写真3 パリの新都市デファンス


川端康成は、1968年にノーベル文学賞を受賞したとき、「美しい日本の私」という題名で記念講演を行い、日本の伝統的な美の精神を称揚しました。

津田左右吉の「文学に現われたる我が国民思想の研究」によりますと、日本では伝統的に、真、善、美の中で美に最高の価値を置いてきたと言いますから、川端康成もその伝統的価値観の持ち主であったと思います。

しかし、私達が住む街の現状をみると、美に最高の価値を認めた日本人が、都市造りに美を求めているのかどうか、疑問になることばかり目に付きます。便利さとか経済性が優先されて、美しさが疎かにされているのです。

「風景の現象学」などの著書のある内田芳明氏(横浜国立大学教授)は、「都市の風景は、その国その土地の自然、風土のなかで生活している人々の感情、国土の風景のなかで育まれた人々の心が反映して形づくられる」と言います。

幕末に日本を訪れた西欧人は、自国の醜さと比較して日本の都市の美しさを讃えています。彼らが撮った品川や箱根の宿場町の街の写真は、古風な茅葺きの家並みですが、簡素にして整然としており、今見ても美しいと思います。

福島県会津地方に大内宿(おおうちのしゅく)という江戸時代からの宿場町が、そのままの姿で残されています。今の東北縦貫道の西側にもう一本の東北道があり、会津藩の参勤交代の時使われた街道に沿って造られた宿場町です。日本の原風景として残された数少ない風景です。(写真2)

明治の近代化は、古き美しきものを壊しましたが、新しき美しきものを造って来ませんでした。それでも明治の近代化には、西洋の美しいものを取り入れようとの意識がありました。しかし、昭和以降の日本ではその意識も薄れて、風景に相応しい美の感覚を生かした都市や街並みを造形する努力をして来ませんでした。

私達は古い歴史のある西欧の街並みを歩いて、石造りの調和の取れた家並みに美しさを感じます。それは長年の生活の蓄積が一つの秩序を形成しているからです。

秩序は形と色に現れます。形としては、家々は画一的でなく様々な変化を持ちながらも、街全体としての調和を維持しています。色彩においても、建物により、また街並みにより、色々ではありますが、街全体としては相互に調和しています。(写真1)

勿論、西欧でも新しく開発された地域では、近代的な建築様式、新建築素材の採用で、歴史的街並みと違った新都市が生まれています。従来の伝統的都市では新しい都市機能が満たせないから新しい都市を造ります。そして、そのようなモダンな都市は、新しい美しさを主張しています。

しかし、彼らは歴史的に形成された都市の形を崩さずに、新都市は別の地域に別の体系で造ります。伝統的な都市の中に、突如モダンな建築物を建てることはしません。伝統の美を尊重する気持ちが強いからです。パリの郊外に造成された新都市、デファンスはその好例です。(写真3)

翻って、東京の都市再開発の現状に、そのような配慮がなされている気配は感じられません。建坪率が緩和されれば、土地の有効利用という観点から高層ビル、超高層ビルが建てられ、街の姿は忽ち大幅に変貌を遂げます。どのように変貌するかは、予め総合的に検討されません。出たとこ勝負で都市景観が形成されます。

東京以外の大都市でもその事情は似ています。僅かに歴史的伝統のある京都や奈良、また歴史のある地方都市で、都市景観に住民の関心が高まり、地方条例で景観という観点からの規制が始まっているのが、僅かな救いです。
(以上)
スポンサーサイト



【2007/08/27 12:20】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<写真の正体は何か? | ホーム | デザインを見る目 機関車の例>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/102-3074a46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |