FC2ブログ
別れのテープは美しく、もの悲しい
1.小樽港出港-04D 1707qt
写真1
2.小樽港出港-08D 1707qr
写真2
3.小樽港出港-06D 1707qr
写真3
4.小樽港出港-11D 1707
写真4
5.小樽港出港-16D 1707qc
写真5
6.小樽港出港-19D 1707qc
写真6
7.小樽港出港-23D 1707qc
写真7
8.小樽港出港-25D 1707q
写真8


船が港を出港するとき、人は別れを惜しみ悲しい気持ちになるものです。
しかし、観光船の出帆の場合は、別れを惜しむ気持ちのなかにも華やいだ気分もあります。

観光船が出帆するとき、港の人々は岸壁で太鼓を叩いて無事の航海を祝ってくれます。
船上の人は、それを聞いて訪問地で受けた暖かい歓迎に思いを新たにします。
(写真1)

太鼓の送別の挨拶に応えるかのように、船上から岸壁に別れのテープが次々と投げ込まれます。
別れのテープの端は岸壁の人々に拾われて、船上の人と繋ながります。
(写真2)

船上で出港のドラが鳴ると、拍手と歓声で太鼓の音がかき消されます。
船は岸壁から静かに離れていきます。
しかし、別れのテープを受け取った岸壁の人々も、別れのテープを投げ入れた船上の人々も、テープの端を握って放しません。
(写真3、4)

別れのテープは、水平に伸びて帯状にたなびきます。
たなびく別れのテープは、やがて海上で入り乱れて舞い揚がります。
舞ながら別れのテープは綾取りのように絡み合います。
(写真5、6)

伸びきった別れのテープは岸壁の人々の手から離れて、船上の人々の手から海面に垂れ下がります。
海面に影を落として何時までも揺れる別れのテープは、船上の人々の名残惜しさを語ります。
(写真7、8)
(以上)


スポンサーサイト



【2017/10/20 12:19】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
利尻島の夕日
1.礼文島沖の夕日-10D 1707q

2.礼文島沖の夕日-12D 1707q

3.礼文島沖の夕日-15D 1707q

4.礼文島沖の夕日-19D 1707q

水平線だけしか見えない北の海
雲の幕が揚がると
明るくて大きな夕日が顔を出し
穏やかな海面を照らす
夕日のところまで海を渡れるように
橙色の絨毯を真っ直ぐに敷く
空が明るくなたようだ
さあ、渡っておいでと
【2017/10/08 13:57】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |