FC2ブログ
真昼に夜が来る シュルレアリスムの写真
1.仲通り高層ビル-12D 1512qr

3.仲通り高層ビル-10D 1512q

2.仲通り高層ビル-09D 1512qt

4.仲通り高層ビル-04D 1512q

写真は目に見える世界を撮るものですから、光のない暗闇では撮れません。
それでは、太陽の光が降り注ぐ快晴の日が撮影に最も良いかというと、そうとも限りません。
写真を撮る人は、太陽が最も明るく輝く、晴れた真夏の正午の時間帯を、ピーカンと言って嫌います。
と言うのは、太陽が頭の真上にあると、物の影が小さくなってしまうからです。
陰影があるから風景に立体感が現れるので、ピーカンでは平板な写真になってしまいます。

真昼に大手町の超高層ビル街を歩いていましたら、突然、ビル街の半分が夜の様に暗くなりました。
陽の当たる明るい道路やビルを見ていて、急に陽の当たらない反対側のビルに目を転ずると巨大な黒い塊に見えました。
しかし直ぐに、その黒い塊に窓があり、ビルであることが分かりました。

人間の目は瞳孔が明暗を調整する仕組みになっていますが、カメラの目は最初に機械的に露光を捉えたままです。
ですから写真の映像では、真昼なのに夜の暗闇が同時に存在するように見えます。
この写真を見た人は、都会のオフィス街に、昼と夜が同居していて、異変が起きたかと思います。

シュルレアリスム絵画の巨匠、ルネ・マグリットの繪に「光の帝国」があります。
繪の下半分が夜の路で、上半分が昼の青空という矛盾した構図の繪です。
ルネ・マグリットは、昼と夜を一枚の絵に同居させると、魅惑が産まれると言います。
自然に潜む神秘を考察して、その思想を目に見える形で表現すると魅惑が産まれると言うのです。

このような難しいシュルレアリスム理論を知らなくても、写真機は「光の帝国」を無意識のうちに簡単に描いてしまいました。
(以上)
スポンサーサイト



【2016/06/24 21:49】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
苔は人知れず美を描く
 湯河原の万葉公園にて

1.湯河原:万葉公園:苔岩-03D 1605q
写真1
2.湯河原:万葉公園:苔岩-04D 1605qt
写真2
3.湯河原:万葉公園:苔岩-11D 1605qt
写真3
4.湯河原:万葉公園:苔岩-15D 1605qt
写真4
5.湯河原:万葉公園:苔岩-16D 1605qt
写真5

小さな苔たちは
光と地下水の恵みを求めて
小岩の位置に従い
小岩の形に合わせて
薄暗い谷間に
人知れず美を描く
(以上)
【2016/06/15 18:18】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湯河原 新緑と緑陰と
1.湯河原:新緑-01D 0804qt
写真1
2.湯河原:新緑-05D 0804q
写真2
3.湯河原:千歳川-02D 0804qt
写真3
4.湯河原:旅館-03D 1605q
写真4
5.湯河原:万葉公園-02D 1605q
写真5
8.湯河原:万葉公園-04D 1605qt
写真6
9.湯河原:独歩の湯-06D 1605qr
写真7

湯河原は万葉集にも詠まれた秘湯の地であり、東京が首都となった明治時代以降は多くの文人や画家が創作や静養のため滞在しています。

今では湯河原は東京の奥座敷として、四季を通じて閑静な風情を愛する人々が大勢訪れるところとなっています。

特に奥湯河原は、秋の紅葉と共に、初夏の新緑が素晴らしいのです。
奥湯河原の丘陵に広がるすがすがしい新緑と、谷間に潜むみずみずしい緑陰を訪ねてみました。

湯河原駅から五所神社前を通って、湯河原温泉郷へ向かう途中で見る湯河原の丘陵は、新緑の木々で覆われています。薄緑から濃緑までの濃淡のある丘の斜面は、湯河原のすがすがしい初夏の景色です。
(写真1、2)

しばらくバス通りを行くと、左手に朱塗りの橋と古風な木造の旅館が見えてきます。その辺りで左に曲がり、橋を渡って千歳川沿いの緑の谷あいに向かいます。
(写真3、4)

すぐに鬱蒼と茂った谷あいの細い階段状の小道に達します。ここはもう、千歳川に沿うように細長く伸びる万葉公園の下端です。
(写真5)

千歳川の狭い谷の小道は薄暗く、しっとりとして冷ややかです。小さな岩を積み上げた小道の側壁に苔が生えています。谷あいの湿気が育てる苔たちです。小岩と苔のアンサンブルは見事です。

緑陰の谷間は初夏では寒くさえ感じますが、真夏なら程よい涼しだでしょう。谷に生える大木も苔むしています。
(写真6)

万葉公園の足湯施設「独歩の湯」まではあと少しです。
(写真7)
(以上)
【2016/06/15 18:13】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |