FC2ブログ
仏陀の教えと蓮のことなど
                       1.不忍池:蓮-39D 1408q
                       写真1
             2.不忍池:蓮-42D 1408q
             写真2
                                    3.不忍池:蓮-34D 1408q
                                    写真3
                       4.田-09P 92(茨城県 85~98P)
                       写真4

インド古来の宗教はバラモン教で、お釈迦様もバラモン教徒でしたが、そのカースト制度に疑問を抱き、王位を捨てて出家し厳しい修行の道に入り、悟りを開いて仏教の開祖になりました。

お釈迦様は、現世では誰もが遭遇する病気、老い、死の苦しみから逃れる道を求め、現世での執念を捨てることが悟りの境地に入る道だと悟るのです。執念を捨てることを解脱と言い、悟りの境地を涅槃(ねはん)と云います。涅槃では煩悩が統御され、心は寂静に浸れます。

蓮の葉で覆われた池は暗くて泥沼の底は見えません。その泥沼から一本の蓮の茎が伸びて水面の顔を出し、一輪の花を咲かせます。しかし蓮の花は、密集して咲くことはなく、散在して一輪ずつ咲きます。その様は、鬱蒼と繁る蓮の波間に、一灯づつ明かりを点しているようです。(写真1)

泥沼の池の底を現世に喩えれば、そこは欲望や苦しみと言う人間の煩悩が渦巻くところです。欲望を捨て去り、苦しみを乗り越えた人だけが泥沼から這い出して、悟りの境地に達することが出来るのです。蓮の池に咲く一輪の花は、解脱した一人の人間であり、涅槃での喜びに浸る姿です。(写真2)

蓮の花は、仏教徒の日本人には特別の感情を抱かせる花です。それは、お釈迦様を連想させ、高貴で神聖な花だと感じるからです。
(写真3)

その仏教徒の多い日本では蓮の根、即ち蓮根を食べます。世界でも蓮根を食べる民族は少なく、日本人の外は中国人くらいだと言います。何故多くの国では蓮根を食べないのかと言うと、蓮は高貴な花だから食料の対象にはならないと言うのです。

蓮を高貴な花だと見るのは、仏教国に限りません。インド以西の国々、即ちギリシャ、エジプトでも蓮の花は古来、尊敬の対象でした。それは西欧の古代建築の建物や柱に蓮の花の装飾が施されているのを見ても分かります。蓮の花を尊敬する伝統は、ギリシャ文明を受け継いだヨーロッパ世界にもあるのです。

明治初期に来日し、東北地方を旅行した英国人女性紀行家イザベラ・バードは、その旅行記のなかで「あの壮麗な花の蓮が、食用!というけしからぬ目的のために栽培されている。」と痛烈に批判していますが、これはヨーロッパ人の蓮に対する共通の観念でした。

蓮という植物が日本で食物として栽培されたのは稲作と関係があります。今でもそうですが、茨城県や千葉県では田圃にするには深過ぎる沼地を蓮田にしています。弥生時代のあるとき、蓮の根を太く改良して沼地で食用に栽培し始めたのだそうです。(写真4)

外来の宗教を在来の宗教と両立させることが出来た日本人には、花の崇高性と根の実用性を両立させることなどは簡単なことでした。
(以上)
スポンサーサイト



【2014/09/29 09:20】 | 人生 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豪雨が描くラテアート
1.砂模様-09D 1409q
写真1
2.砂模様-07D 1409q
写真2
3.砂模様-01D 1409q
写真3
4.砂模様-08D 1409q
写真4
5.砂模様-02D 1409q
写真5
6.砂模様-05D 1409q
写真6

地球温暖化の所為でしょうか、最近は各地で局地的な豪雨が降ります。

普段は降らない大量の雨水が、堰を切ったように流れ込み流れ去ると、地表には水流の跡が残ります。突然発生した雨水の流れは、僅かな地面の凹凸に沿うように左へ右に回り、地面の硬軟に応じて地表の砂埃を押し流していきます。

豪雨が去った後、いつも見慣れた地面は様相を一変して、雨水の軌跡が鮮やかに刻まれていたのです。それが人の足跡で乱されないうちにと、写真に撮りました。

地表のある部分では川の流れのように幾筋にも分かれており(写真1、2)、ある部分は何本もの支流が本流に流れ込むように集まっています(写真3)。また、水が滞留して池となった所は盆地のように(写真4、5)、勾配が強くて流れが速かった所は浅瀬のさざ波のように刻まれています(写真6)。

これらの模様は、焦げ茶色のモノトーンの表土のお陰で、墨絵のように見えます。雨後に訪れた神社の境内の、自然の雨水が描いたひとときのラテアートでした。
(以上)
【2014/09/17 18:27】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
水藻のアート
     4.不忍池:水藻-06D 1408qt
               1.不忍池:水藻-02D 1408qt
                         3.不忍池:水藻-05D 1408qt
                                   5.不忍池:水藻-08D 1408qt

カップに注いだコーヒーの表面に絵や紋様を描くことをラテ・アートと言いますが、自然界でも、池や川の表面に流れた浮遊物が絵や紋様を描くことがあります。

写真は、大きな蓮池の水面に水藻が描いた紋様です。

蓮池は大きな蓮の葉っぱで覆われていて、直接大気の流れが水面に当たりません。葉っぱの隙間を抜ける僅かな風が、水藻を動かして微妙な模様を描いていきます。

ラテ・アートのように、ミルクを注ぐ水圧で表面の水藻を動かした訳でもなく、蓮の茎で表面の水藻をひっかいた訳でもありません。

池には流れがありませんから、蓮の葉っぱの隙間から入り込む少しの空気だけが、巧まざる水藻のアートを描くのです。

蓮池の僅かな風は、ラテ・アートの元祖かも知れません。
(以上)
【2014/09/08 10:35】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |