FC2ブログ
富士山は遠くから眺めるもの
西伊豆の富士-03D 0512qrc
写真1 伊豆半島の大瀬崎の丘の上から見た富士山
西伊豆の富士-06D 0512qr
写真2 伊豆半島の大瀬崎の浜辺から見た富士山

昨年(平成25年)富士山がユネスコの世界文化遺産に登録されたとき、景勝地「三保松原」が富士山の一部として認めるか否かで議論がありましたが、最終的に文化遺産の一部に含められたので、日本人みんなが安堵したことは記憶に新しいところです。

高い山は、近づいて見るより、遠くから眺めた方が姿形は良いものです。歌川広重が六十余州名所図会で東海道駿河の国を描いた浮世絵「三保の松原」は、富士山と三保の松原を一体として捉えた名画です。

三保の松原は、駿河湾の清水港を囲う三保半島にある景勝地で、日本三大松原の一つです。日本各地にある羽衣伝説の中でも三保の松原の伝説が最も知られています。ユネスコ登録の名称は「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」 です。この名称は文化遺産の本質を的確に捉えています。

万葉の時代から日本人は富士山を詠んでいましたし、江戸時代から現代まで絵画の題材とし取り上げてきましたから、芸術の源泉であることに説明を加える必要はありませんが、信仰の対象としての富士山には少し注釈をする必要があります。

今回文化遺産の構成資産には、富士山域(山本体)の他にも富士山本宮浅間大社(富士宮市所在)、北口本宮冨士浅間神社(富士吉田市所在)、富士五湖、忍野八海、三保の松原など多くのものが含まれています。

神社は、信仰行事を行う場所であっても、信仰の対象物ではありません。私達の祖先が古代から信じていた神道では、神々は自然の万物に内在するという信仰でした。従って、山の神、海の神というとき、神々は人格神ではなく、山そのもの、海そのものを指しました。

従って、山や海そのものが神ですから、神の住まいに当たる神社など、そもそも存在しませんでした。それでは、山や海は大きすぎて焦点が定まりませんから、祈る場所として借りの小屋である屋代(やしろ)を建てました。それは象徴的なものでよいのですから、粗末な小屋で十分でした。

地方に行くと山の奥深く小さな小屋が建ててあり、そこで昔から村人が神に祈願していたのです。更にはその小屋すらなく、岩の祠(ほこら)にしめ縄を飾って祈願の場所にしているところもあります。これが神道の本来の姿なのです。

富士山の信仰は登山という行為で実践されました。江戸時代に盛んになった富士講は江戸町民の山岳信仰の行事ですが、ご神体に登ることは神の懐に抱かれることでした。

その意味で、富士山が信仰の対象という意味づけで世界文化遺産に登録されたことは、日本の宗教文化が普遍的に理解される契機になることであり、喜ばしいことです。

写真は、伊豆半島の大瀬崎辺りから駿河湾越えに眺めた富士山です。大瀬崎は、三保の松原のある三保半島と対峙していて、両者で駿河湾を扼している岬です。遠くから眺める富士山は本当に美しく雄大です。(写真1、2)
(以上)  
スポンサーサイト



【2014/01/31 18:51】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪への賛美
                    1.三内丸山-06P 99t
                    写真1 青森県 三内丸山遺跡
                       2.三内丸山-04P 99t
                       写真2 青森県 三内丸山
                    3.角館-43P 98t
                    写真3 秋田県 角館の武家屋敷通り

富士山に初雪が降ると初冠雪とか初化粧とか言いますが、雪を冠や化粧に喩える表現は雪への賛美です。美しい雪は汚れを清めます。雪は野山も街も清めます。すべての色を消し、諸々の形を和らげて、それを眺める人々の心も清めます。

日本は雪に恵まれている国です。恵まれていると言うと雪国の不便さを知らない人だと非難されそうですが、温暖な国に降る雪は恵みの雪なのです。沢山降った雪は緩やかに融けて貴重な水資源になるからです。

日本列島の雪は日本海側の山地に沢山降ります。1万年以上前、地球温暖化で海面が上昇したため黒潮の分流が対馬海峡を通って日本海に流れ込むようになり、暖かくなった海面をシベリア寒風が吹き抜けるとき大量の水蒸気を発生させ、それが日本列島の山々に大量の雪を降らせることとなったと聞きました。

冬になると大量の雪が日本列島を覆うお陰で、やがて日本列島の山野には広大なブナ林が繁茂します。雪の水源がブナ林を育てたのです。ブナ林は木の実を落とし、小動物を繁殖させました。狩猟と採取の縄文人はブナ林のお陰で生きていたのです。雪の恩恵は計り知れないものがあります。

青森県の三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は縄文前期から中期(5~6000年前)の大規模集落跡です。発掘遺跡から当時を想像した建造物が再現されています。(写真1、2)

日本で雪深い国と言えば、東側に山脈を控えた日本海側の地方です。
秋田県の角館(かくのだて)の街は、武家屋敷の古風な家並みと古木の桜並木で有名です。桜の咲く頃は観光客で賑やかな角館の街も、冬にはひっそりと静まりかえります。黒い塀に白い雪片が走る武家屋敷の風景は幻想的で、桜の豪華さとは対称的です。武家屋敷の雪道を何度も行きつ戻りつ眺めていると、何処からか「雪の降る街を」の歌が聞こえてくるようでした。(写真3)

幻想的な雪景色には儚かなさが付きまといます。暖かい国の雪は忽ち消える儚い運命だからです。日本各地には雪女の民話が伝わっています。青森県、秋田県、山形県、新潟県に似たような雪女伝説があります。中でも小泉八雲の「雪女」の話は人々を惹き付けます。怪しくも儚く美しく、それでいて温もりのある雪女だからです。
(以上)
【2014/01/24 12:44】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
額縁の中に入れて観る富士山
1.芦ノ湖-14P 95t
写真1
2.芦ノ湖-15P 95t
写真2
3.芦ノ湖-08P 93r
写真3
4.芦ノ湖-06P 93r
写真4
5.芦ノ湖-12P 92t
写真5

あの雄大な富士山を額縁の中に入れて部屋に飾って観賞してみたくはありませんか?

富士山を額縁に入れるには、額縁の中で富士山が余り大きすぎては収まりません。さりとて小さく取り込んだ富士山は、それだけでは魅力ある絵になりません。小さくても目立つ富士山にするには、それに相応しい前景に入れることです。

前景の全てが自然ですと、大自然の風景をスケールダウンしただけで面白みがない絵になります。見える富士山は小さくても、私達の目に富士山を偉大に見せるには、前景に人工物を入れることです。その人工物の大きさや種類によって、富士山は大きくも気高くもなります。

このような想像を実験できる場所が箱根にあります。小高い丘の上にある元箱根の芦ノ湖成川美術館は芦ノ湖越しの富士山頂上を眺めるのに格好の場所です。美術館に入るのですが、館内の絵画を見るのではなく、部屋の窓から外の富士山を眺めるのです。

箱根神社の湖畔の鳥居は、富士を参拝する気持ちを厳粛にしてくれます。
芦ノ湖に浮く小さなボートは富士山の偉大さを示します。大きな遊覧船も小さく見えます。
(写真1、2)
芦ノ湖が穏やかな夏には、富士山も夏雲を纏って鼠色に見えます。(写真1、2)
芦ノ湖に白波が立つ冬の季節には、雪を纏って神々しく見えます。(写真4)
湖畔の赤い鳥居の色も、夏は暖かく冬は冷く見えます。(写真3、4)
晩秋の晴れた日、富士山の頂上には笠雲がかかります。(写真5)
この額縁の富士山は、四季折々に姿を変えて、同じ景色は決してありません。

それにしても、休息を取りながら芦ノ湖越しの富士山の眺望を楽しむ人々は後を絶ちません。ですから額縁入りの富士山を観賞するには、少し待たねばなりません。観賞している人々の頭越しに、額縁入り富士山の風景を見ていると、混雑した美術館で人の頭越しに名画を鑑賞したことを思い出しました。(写真2)
(以上)
【2014/01/18 21:09】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士山は冬が旬
                    1.富士山-29P 96tc
                    写真1
                    2.富士山:大涌谷-06D 0703q
                    写真2
                      3.富士山:大涌谷-07D 0703q
                      写真3
                    4.富士山:大涌谷-04D 0703qtc
                    写真4

富士山は四季それぞれに眺めてよいのですが、冬に頂上から裾野まで雪を載せた富士山は、神々しくて美しく、私達日本人が富士山に抱く愛着を最も深く満たしてくれる姿です。

富士山の近くの山を登っていると、目前の山の稜線の上に、ぽっかりと富士山の頂上が現れました。稜線上の木々の前景がシルエットとなって、少しばかり頭を出した富士山の頂上の白さが印象的で、眩しく見えました。(写真1)

途中でケーブルカーに乗って箱根大涌谷まで来ると、富士山の全貌が見えてきました。大涌谷付近には昨日降った雪が残り、まばらに生える木立の間から、雪に覆われた富士山が青空を背景にすっくと立っていました。(写真2)

大涌谷の谷底を覗ける場所まで前進すると、たなびく雲を従えた富士山は、一際高く聳えて見えました。大涌谷の荒々しい斜面は、富士山の気高い容姿を引き立て、力強さを感じさせます。
(写真3)

大涌谷から箱根外輪山越しに見る富士山は、すそ野が広くなだらかで、そこへ雪が降り積もると、貴婦人のスカートのように優雅ですらあります。浮世絵や日本画家が描く富士山はデフォルメされていて力強いのですが、本当の富士山は優しい美しさに満ちていました。(写真4)
(以上)  
【2014/01/11 12:13】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柿と富士山
                     柿と富士山

「富士には月見草がよく似合う」と書いたのは小説家の太宰治ですが、私は「富士には柿がよく似合う」と思います。

景色は形で見るのではなく心で観るものですから、富士山を眺める時の心境が、打ち明けられない片思いの時には、夕方に月に向いて咲く月見草が富士山に似合うでしょう。

しかし、晩秋の晴れた日に清々しい心境で富士山を眺める時は、真っ白い富士山の雪に浮かんで見える赤い柿の実は、最高に似合います。

富士山と柿の実の組み合わせは毎年観られるとは限りません。富士山に雪が降るのが遅かったり、柿の実が晩秋まで残っていなければ駄目です。

夏が暑くて柿の実が沢山なり、寒気が早く来て富士山の冠雪が早まると、富士山の前に柿の実が赤く舞う景色をみることができます。

富士山が世界遺産に登録されてから富士山を訪れる人が多くなりました。富士山は四季それぞれに美しさを変えます。富士山はすそ野が広くて見る場所は無数にあります。富士山には多くの湖が取り囲み景色に潤いを与えます。

これからも、折々の、場所毎の、富嶽百景をご覧にいれます。
(以上)
【2014/01/05 12:36】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |