FC2ブログ
相撲の美学 ガチンコと八百長だけが相撲か
   相撲:土俵-13P 00r
                  相撲:土俵-10P 00r
                                 相撲:土俵-04P 00r

一部の力士が行った野球賭博を警察が調査している課程で相撲勝負の八百長問題が発覚しました。そのことで、いま相撲業界を大きく揺さぶられています。

八百長相撲を取る力士は、相撲を真剣勝負(ガチンコ)と思って観戦していた相撲ファンを侮辱するものだと言う批判が圧倒的に多かったと思います。

しかし、相撲を楽しむ人々の中には、相撲は真剣勝負だけがすべてではない、相撲の魅力は勝ち負けを超えた力士の土俵上の演技にあると言う人々もいます。

嘗て、相撲行事は神様へ奉納するため神社の境内で行われました。神に奉納するため歌舞が演じられたよう、相撲も神楽と同じく神への捧げ物として演じられました。

神への捧げ物は勝負ではなく演技です。神様を喜ばせるための演技です。相撲は競技であるよりも、演技であると言うのが相撲の伝統でした。

勝負は力強さを競うものですが、演技は美しさを表現するものです。力強さと美しさを兼ね備えた力士を最高の力士として愛でるのが相撲道です。勝負だけにこだわるのは相撲道にもとります。

戦後、日本の柔道は世界の国々に受け入れられ国際化しました。そこまでは慶賀すべきことですが、国際化した柔道は単なるスポーツとなり、勝負だけがすべてになりました。日本柔道が持っていた「精力善用」「自他共栄」という講道館柔道の理念は忘れ去られました。

日本伝統の柔道は、グローバルスタンダード化することで、勝利至上主義の柔術に逆戻りしました。日本柔道から伝統の精神性は消えて、国際試合には柔道の美しさが無くなりました。

相撲が真剣勝負(ガチンコ)だけにこだわり、伝統の演技の面を忘れると、国際化した柔道のように貧しくなり、美しさが失われます。

金銭の授受にからむ八百長相撲を容認することは出来ませんが、相撲は真剣勝負か八百長かの二者択一の議論には同意しかねます。

一枚目の写真は横綱貴乃花の土俵入りの一場面です。二枚目の写真は幕内土俵入りの一場面です。三枚目の写真は仕切りの一場面です。

場面は違いますが、これが相撲の演技です。相撲観戦はこのような演技により盛り上がります。勝負だけに興味のある方々は、わざわざ国技館には出向かず、テレビのダイジェスト放送を楽しみます。

本物の相撲ファンは、この演技で既に相撲の世界に入り込み、勝敗の前に十分に相撲を堪能しているのです。

伝統である演技としての相撲への復帰を図ることが、興業としての相撲業の繁栄につながりますし、八百長問題も自ずと解消することになると思います。
(以上)
スポンサーサイト



【2011/03/25 10:02】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
都市美には外壁の面合せを
                    銀座金春通-12D 1102qt

街の美しさは街路の美醜で決まります。街路の両側に並ぶ建物の高さが統一され、その形態や色彩が全体として調和していると、美しいと感じます。そのことに関しては私たちはパリのシャンゼリーゼ通りを思い浮かべます。

西欧の都市の街路が概して整然としているのに対して、日本の街路がやや雑然と見えることが、西欧の都市が日本の都市より美しく見える理由です。

西欧では、建造物の外面は、私的なものではなく公的な空間の一部であるとの意識があります。しかし、日本では家やビルは私物であり、その外面が公的な秩序の一部であるという考えはないのです。

この空間意識の日欧の差は、都市を構成する建造物の構造から生じていると思います。
西欧の都市では建物は石造りですが、石造りの建物では「壁」が主役です。しかし、日本の都市では、昔は木造の家(例えば町屋)でしたから、建造物の主役は壁ではなく「屋根」でした。

日本では、街路における公的空間と私的区間を分ける「壁」の存在感が伝統的に希薄でした。その結果、ビル建築が主流になった近代都市になっても、建造物の外壁が公的都市空間を構成する考えにはなっていないようです。

その結果、日本の都市では街路に建ち並ぶビルの外壁に看板などを平気で取り付けます。勿論、西欧の都市でもビルの外壁に平面的な看板は取り付けますが、壁面から直角に突き出た看板を、これ見よがしに設置することはありません。(写真)

シャンゼリーゼ通りの街路美は、建物の高さと外壁の面(つら)を合わせることで実現しています。都市の高層化が進む中で、高さを合わせることは難しいですが、せめて面合せ(つらあわせ)を遵守すれば、日本の街路も美しくなるでしょう。

都市の醜悪な看板が都市美を損なっていることは屡々指摘されていますが、面合せ(つらあわせ)をしないで面汚し(つらよごし)をしているビルについて、余り批判がないのは不思議です。

写真は銀座金春通りの面汚しの場面です。
(以上)
【2011/03/17 15:35】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
写真展 Wild Life を見て
                     パンフレット:マイケル・ニコルズ写真展-01D 1103qt

いま、KONICA MINOLTA PLAZA でマイケル・ニコルズの写真展 Wild Life が開催されています。(2011.3.5~3.22)

写真家マイケル・ニコルズは National Geographic 誌の記者として活躍する動物写真家です。その撮影の現場では、象に追いかけられたり、ゴリラに投げ飛ばされたりと、命がけの撮影ぶりから写真界の「インディ・ジョーンズ」と呼ばれています。

それだけに普通の写真家には撮れない野生動物たちの生態や表情を捉えた写真が沢山あります。今回の写真展では展示作品数は少ないですが、それでも滅多に見られないシーンが幾つもあります。

中でも泥浴する数匹の巨象たちの一匹が、泥を浴びながら小さな目でチラリとカメラマンを見ている大画面の写真、ベンガル虎が両前足を左右の岩に突っ張って、腹だけを水に浸して涼んでいる場面を正面から撮った写真、セコイアの森から西アメリカフクロウが両翼を拡げて眼前に飛び出してくる写真など、印象に残るものでした。

スナップ写真の名手であるカルティエ・ブレッソンは、嘗て絵画は瞑想であり、写真は射撃であると言いました。

シャッターを押すことを、射撃と同じくショットと言います。写真機から弾丸は出ませんが、正に野山に狩りに出かけて、獲物を見つけ、狙いをつけて猟銃の引き金を引くときの心境と同じ心境を動物写真家は味わいます。

動物に遭遇して引き金を引く瞬間は、写真家も猟師も同じです。目と目が合い、今だ!という瞬間があるはずです。写真家がシャッターを押した瞬間に動物は倒れませんが、熟達した写真家は、狩人のように獲物を捕ったという手応えを感するのでしょう。

マイケル・ニコルズの写真を見ていると、そう感じます。
(以上)
【2011/03/11 20:11】 | 写真展 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これが本当のパブリック・アート
                                   1.自由が丘看板-21D 1101q
                                  写真1
                     2.自由が丘看板-19D 1101q
                     写真2
     3.自由が丘看板-18D 1101q
     写真3
通行人に楽しんで貰うため公共の場所に設置する芸術品をパブリック・アートと言います。パブリック・アートとして何を何処に設置するかについて、そこの住民や来訪者の意見を反映させる努力はなされていますが、現実には常に評価が分かれて、決めるのに議論が多いようです。

西洋の都市では各家庭で窓辺に美しい花を飾るのをよく見ます。住人たち自らのためでもありますが、他所からの来訪者を歓迎するためでもあります。その点、日本人は、自分の室内や屋敷内を美しくしますが、西洋人のように道行く人達を喜ばそうと言う意識は低いようです。

ところが、最近とある閑静な住宅地で、面白い塀と壁を見つけました。坂の途中にある家の、黒い塀と壁は、不規則に曲がりくねった黄色と茶色の線で描かれていました。余り見かけないデザインなので、坂を上ったり下ったりしながら、暫く眺めてみました。

その図柄は明らかに道行く人に語りかける意図で描かれています。それは音楽の楽譜のようにも見えます。上下にくねる一本の線はメロディを、二本の線は和音を奏でているようです。その側を通りすがる人は、その音楽に合わせて思わずリズムをとりたくなります。(写真1、2、3)

通常の装飾的デザインは、ただ美しく飾って見る人を楽しくするものです。それで装飾の働きは完結します。しかし、この黒い背景に描かれた装飾的な線は、これだけで美を表現するとしては未完成な作品です。その側を歩く人々と対話することで完成します。

そこで合点がいきました。美術館で展示される作品を単に野外に展示しただけでは、パブリック・アートにはならないのだと。路上を歩いている人が、歩きながら自ずと対話できる作品こそがパブリック・アートなのだと。

個人の家の塀と壁の上に見事な芸術作品を描いて公共空間を飾ってくれた、このパブリク・アートの作者は主張しています。「これが本当のパブリック・アート」だと。
(以上)
【2011/03/05 10:43】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |