FC2ブログ
明治の政治家の風貌
                    福沢諭吉:一万円札-01D 1006qtc


今年、東京都写真美術館ではポートレイト写真展を三回に分けて行います。第一回は「侍と私」と言う題で幕末から明治までに撮られた人物写真を展示しています。(2010.5.15~7.25)

武士達の鎧兜姿や当時の民衆の衣裳も面白いのですが、それは風俗としての面白さであり、今回のポートレイト写真展を見ての最大の収穫は、明治維新を成し遂げた当時の日本人政治家たちの風貌に接するこが出来たことです。

戦後の日本人は、特に平成になってからは、日本人の顔に精気がなくなっています。テレビで見る平成の日本の政治的リーダー達の顔は、悉く精彩を欠いています。明治の政治家と比べると、これが同じ日本人かと疑いたくなります。

その相違が何故生じたかと言えば、それは危機意識をもって自立しようとした人間と、他国に依存して安穏と暮らしている人間との差からと生まれていると思います。

展示された順序に従って、明治の政治家のポートレイトを見て感じたことを述べてみます。

先ず、江藤新平(作品42)です。名前と業績は知っていましたが、実際の顔をみるのは、この写真が初めてです。広く四角に広がった額に鋭い細い目は意志の強を示しています。佐賀藩の出身で、日本の司法制度の確立に貢献した政治家で、特に政治家の腐敗を厳しく追及し、山県有朋、井上馨などの有力政治家に対しても容赦ない圧力を加えたました。風貌にその峻烈さが出ています。

次に、勝海舟(作品44)です。勝海舟の写真はよく見かけるので今回の写真で特に新しく指摘することはありませんが、端正な顔立ちに凹んだ瞳は、西郷隆盛と交渉して、江戸城の無血開城を実現させた、思慮深さを顕しています。

第三は、山縣有朋(作品45)の若い頃の写真です。明治政府で近代的軍隊を創設するのに貢献した政治家です。残された写真の多くは老成した風格のあるものですが、今回展示された写真は、精悍な若者の時代の山縣有朋です。自我の強い、やりたい事をやり通す押しの強さを感じさせます。

第四は、西郷従道(作品48)ですが、これも若い頃のものと思われます。兄西郷隆盛の風貌に似て、ぼってりとした優しさのある写真です。西郷兄弟は、細部に拘らず、私心が無く、大局を見る政治家と言われていますが、写真にもそのような貫禄が出ています。

第五は、大隈重信(作品51)です。大隈重信は佐賀藩出身で、薩長の重臣達とは屡々対立を繰り返した政治家です。晩年の写真を見ると禿頭の好々爺風ですが、この写真は壮年の頃のもので、頑固一徹の激しさが風貌に顕れています。

第六は、板垣退助(作品52)です。写真で見る若き板垣退助は文学者風の知的で柔和な風貌です。坂本竜馬と同じ土佐藩の出身で、「板垣死すとも自由は死せず」と叫んだ自由民権運動の主導者として激しい性格の政治家と思っていましたが、写真から受けるイメージは少し違いました。

第七は、井上馨(作品53)です。今回展示されたのは壮年時代のものです。学者か銀行員を思わせる端正な顔立ちです。井上馨は、西郷隆盛から「三井の大番頭」と批判されましたが、長州財閥の政商と密接に関わった時代の、老獪な風貌の晩年の写真とは違っていました。

第八は、福沢諭吉(作品57)です。福沢諭吉は日本の産業近代化に大きく貢献した政治家です。「脱亜入欧」を唱えたのも当時の世界情勢を的確に捉えた結果であり、今回展示された写真に見る学者風の容姿の中に、戦略家福沢諭吉の姿が現れています。(写真は一万円札の福沢諭吉です)

「四十歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と言いますが、それは内なる心が表にあらわれるからです。政治の世界で激しく格闘した人々には、一種の風格、俗に言う面構え(つらがまえ)が出来上がります。

ポートレイトは、その面構えをとらえます。それは肖像画でもとらえることが出来ますが、写真はよりリアルです。写真は、人物の一面しかとらえていないと言う人もいますが、それでも政治家たち本人の存在を記録したものであることは間違いありません。
(以上)
スポンサーサイト



【2010/06/24 21:29】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カメラ好きの日本人
                      鳥越神社大祭-06D 1006qt

デジタルカメラが普及して、フィルムカメラは市場から消えていきます。デジタルカメラの優れたところは、従来の銀塩カメラのようにフィルム代金必要としないので、撮影枚数を気にしないで沢山の写真が撮れることです。

その上、デジタルカメラは小型化が容易ですから、益々小型になります。いまや、携帯電話のような小さな容器の中に本格的カメラに近い性能のカメラを収めることができるようになりました。

コンピュータの世界で使われている言葉にユビキタス社会と言うものがあります。ネットワークにつながることで「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」サービスを受けることが出来る社会と言うことです。

携帯写真を持って歩く人は、「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」写真が撮れる人です。カメラ付き携帯電話によって、カメラのユビキタス社会が実現しました。更に、携帯電話では撮影した写真を他人に送信することもできます。

平安末期に描かれた日本最古の漫画と言われる「鳥獣人物戯画」は、日本人が映像表現に優れた才能があることを示すものです。現代の日本人が、漫画で世界をリードするのも、映像への関心が昔から高かったからです。

戦前、外国の新聞雑誌でカメラを首から下げて歩く日本人をカリカチュアしたように、日本人は写真好きでした。それは、昔から日本人は、言葉よりも映像で外界を認識し、他者に伝える才能が優れているからだと思います。

その日本人がカメラ付き携帯電話を手にしたのですから、何時でも、何処でも、何でも、誰でも、すぐ写真を撮ります。

この写真は、お祭りの日、露地裏で祭衣裳の我が子の姿を撮る母親です。
それを取る私もユビキタス社会の写真好きです。
(以上)
【2010/06/19 13:45】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
樹幹を見る
樹木-27Ptc

          香取神宮-12D 0805qc

                  樹の幹-08Ptc


                       樹木-49D 1002qt

                                  新宿御苑-89D 0904qtc

人々は森の中を散歩するのが好きです。
心理学者は、狩猟採取時代に人類が長い間、森の中を放浪していた記憶が甦るからだと言います。科学に詳しい人は、森の中はマイナスイオンに満ちているので、森を歩くと精神的にリラックスするからだ言います。

しかし、感性豊かな人は言います。森を歩くのが好きなのは、潜在意識やマイナスイオンの所為ではない。森は母親のように人を暖かく抱擁してくれるからだと言います。

森や林や公園を歩くとき、私はその感性豊かな人になりすまして、一本一本の樹の樹幹を観察します。樹幹は一番表情豊かな部分です。色彩に深みがあります。形状が千差万別です。

樹幹は、樹木の生育に必要な水分と、地中の栄養素を枝葉に送る重要な役目を果たしています。葉は毎年交代しますし、枝は数年で変化します。しかし樹幹はその樹の毎年の成長を記録し、歴史を残しています。

樹幹が魅力あるのは、主幹のある大木だけではありません。地面から複数の枝が直接簇生する灌木も、一本の樹幹に劣らぬ魅力があります。代表的な灌木はツツジや萩などですが、背の高い灌木には姿形の良いものがあります。

元々、灌木は生命力の強い樹です。切っても切っても生えてきます。里山に灌木が多いのは、その生命力の強さ故です。里人に絶えず燃料を供給し続けたのは灌木でした。

ここに、私が格好良いと思った樹幹の写真を掲げます。それぞれが個性的です。
(以上)

【2010/06/12 12:34】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
写真は実物よりも美しく
写真を撮る人は、実物よりも美しく撮ろうとします。人物を撮るときは特にそうです。

お見合い写真では、よく修整が施されます。修正ではなく修整であるところがミソです。これも美しく撮ることの中に入れても良いでしょう。

江戸時代の日本絵画では、自然の美を実物よりも美しく描いていました。人々は、これは真実ではないなどと、野暮なことは言いませんでした。

何しろ、日本の伝統では美しいことは真実よりも尊ばれていたからです。ゲーテはファウストに「優しさは真実に勝る」と言わせていますが、洋の東西を問わず、昔から真実はあまり尊ばれなかったようです。

真実を、事実を、と言い出したのは、近代以降の風潮です。近代の風潮は科学思考に影響されています。しかし、科学万能の時代も、そろそろ反省期に入ったようです。

写真は美を創造しませんが発見はします。その発見は、想像からではなく、事実からの発見です。事実から出発して事実以上の美しさを見つけるのが写真撮影の醍醐味です。
(以上)
【2010/06/06 10:18】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |